美肌のために体の内側から肌の質が良くなるように工夫を

美肌を手に入れる為には体の内側から肌の質が良くなるように工夫をしなければいけません。そして大切なのがしっかりと冷え対策を行うことです。

それだけ冷えが良くないということですが、冷えている状態ですと基礎代謝が落ちてしまいます。ターンオーバーにも影響してきますから、例えば肌荒れを起こし易くなったり、乾燥も強くなってシミやくすみ、シワなどもでき易くなってしまうのです。

健康的な肌になる為には基礎代謝を高めることが重要ですから、その為にも支障になる冷えをしっかりと改善させる必要があるのです。

冷え対策の方法ですが、まず冷たい食べ物や飲み物を摂り過ぎないようにすることが大切。特に夏場になると冷たい物を摂取する傾向が強くなるものですが、温度の低い食べ物などは内臓を冷やしてしまう原因になります。内臓が冷えてしまうと血流も悪くなりますので、摂取のし過ぎには注意した方が良いと言えます。

体を温める為には温かい物を摂取するように心掛けることが大切ですから、冷え対策を意識し率先して温度のある食べ物・飲み物を選ぶのがポイントです。

なお体温を上げる為の簡単な方法として白湯を飲むのも良いとされています。朝晩に50℃程度の白湯を飲み、1℃でも体温を上げることによって10%も基礎代謝を高めることができるのです。お湯を飲むだけで代謝が良くなる為に美肌の助けにもなりますし、さらにはダイエット効果にも期待ができます。たったこれだけで美容の促進になりますから生活に取り入れてみるのも良いでしょう。

冷え対策の方法としては運動を行うようにするのも有効です。現代人の中にはあまり体を動かすことがないという方も増えているようですが、体を動かして発熱をしないと冷え易い体になってしまいます。ところがクーラーのきいたオフィスや自宅などで長く過ごすという方も多く、それでは冷え易くなってしまうのも必然です。意識的に運動を行うようにして血流を良くすることが冷えない為のポイントですから運動を生活に取り入れてみることが必要と言えます。

運動の方法は様々ですが、血流を良くする為にはふくらはぎを使う運動が有効と言えるでしょう。ふくらはぎは「第二の心臓」とも呼ばれており、それだけ血液と密接な関係のある場所なのです。要はポンプのような役割をしているのがふくらはぎですから、運動をして刺激してあげることで血流の改善に役立ちます。

ふくらはぎを刺激する為にはウォーキングやジョギングなどをするのが有効ですが、他にも簡単な方法としてつま先とかかとを交互にあげるという運動もあります。椅子に座りながらでも行うことができますので、デスクワークをしながらでも実践できます。

なお冷えを改善する為には継続することが大事です。どのような対策方法でも一時的な効果で終わらせてしまっては意味がありません。続けてみてこそ変化が起こりますので美肌を目指して毎日の習慣として続けてみると良いでしょう。キミエホワイトのような第三類医薬品も効果的です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする