納豆で美肌をキープ、しみやしわの改善にも

納豆は日本においては伝統的な食材として広く知られており、大豆を納豆菌で発酵させて作っている食材です。

独特の臭いがあるので好き嫌いが分かれますが、栄養価に優れており、健康を維持したいという人におすすめです。大豆にはイソフラボンが多く含まれており、女性ホルモンと似た働きをするので美肌をキープする効果が期待できます。

また、しみやシワの改善にも役立つとされており、積極的に摂取していくと良いでしょう。また、ネバネバした食感の主成分にも高い保湿作用があるため、肌の潤いを保つのに役立ちます。この食材には若返りに有効なレシチンを含んでおり、血液を綺麗にする成分なども含まれています。

動脈硬化を防ぐ効果もありますし、体の機能が活性化することで代謝を高めることにも繋がるでしょう。この働きにより肌のターンオーバーを整えることができますし、メラニンの排出が高まることでしみを薄くする効果が期待できるのです。さらに、ビタミンやミネラルなどといった栄養素もバランスよく含まれているため、総合的にエイジングケアができるでしょう。この食材は朝食の時に食べる人が多いのですが、美味しいだけでなく美容効果も期待できるのです。

ビタミンEが多く含まれているため、加齢に伴ってしみやくすみが気になるようになったという女性におすすめです。また、しみというのは紫外線を浴びることで増えてしまうものなのですが、この食材を摂取することでそのような肌質を改善する効果も期待できるでしょう。

また、ビタミンB2も多く含まれているため、脂質の代謝を高める効果も得られるということです。定期的に摂取することでしみ対策に役立ちますし、美肌をしっかりとサポートをしてくれるでしょう。納豆はネバネバしているので苦手だという人もいるかもしれませんが、レシピによっては気にならないようにすることもできます。

料金を抑えてしみ予防をしたいという場合、アボガド納豆というレシピがあります。納豆はそのままでも食べることができますが、さまざまな料理の具材に使うこともできます。フライのように揚げればほくほくした食感を楽しむことができますし、濃厚な味を持つアボカドを一緒に使うことでなめらかな舌触りになります。

また、肌トラブルを効率よく改善したいという場合、火を通さないレシピで食べた方が効果が高くなります。この食材に含まれているビタミンEなどの栄養素をしっかり摂取するためには、サラダにして食べるのがおすすめです。サラダで使うのはツナ缶とキャベツやレタスだけですし、自宅にいながら簡単に作ることができます。

まずはキャベツとレタスを千切りにして下に敷き詰めます。そしてツナ缶と納豆を混ぜてから醤油とからし、コショウを加えることになります。これをキャベツとレタスの上に置くだけで簡単に美味しいサラダを作ることができるのです。和風の味付けになるので海苔をかけると風味が増します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする