ニキビ跡を改善するには肌を意識して行動すること

ニキビで悩んでいる人は多いでしょう。ようやくぶつぶつが消えたと思ったら、今度は跡が残る、ということもあり、それもどうにかしたいと考えることが多いです。このニキビ跡ですが、いくつかの改善させる方法があります。

まず、手っ取り早いのはレーザー治療です。レーザー治療はレーザーでニキビ跡を綺麗にする、というよりはむしろ、ダメージを与えることになります。つまりは、皮膚の組織にダメージを与えるわけです。そうしますとニキビ跡の皮膚細胞がまた新しく生まれるようになります。

これを繰り返すことによって、ニキビ跡を消そうとすることがレーザー治療なわけです。そもそも肌というのは三つの構造になっています。それが表皮、真皮、皮下組織であり、ニキビとはこれらの深い部分まで炎症が出てしまっていることがあります。

炎症が真皮にまでいってしまっていると最早、自然治癒、ターンオーバーのみでは極端に綺麗に改善することはほぼ不可能です。ですから、レーザーによって、皮下組織までダメージを与えて改善を促す方法が最適であるのです。

ちなみに当然、結構なお金がかかることになりますから覚悟しておきましょう。何しろ、ニキビ跡のレーザー治療は保険が適用されないからです。その為、少なくとも万単位になることは覚悟しておくべきです。

それも一回でそのくらいになりますから、何度もやって綺麗にするのであれば本当にかなりのお金がかかります。これがまずニキビ跡を消す為に最も良い方法といえるやり方です。もう一つが自力で治すことなのですが、これは前述のターンオーバーを意識します。

レーザー治療も結局はターンオーバーによって治そうとする行為なのですが、これを自然的に回復させてやろうとするわけです。

出来るだけ肌を清潔にしつつ、脂も多少残して肌を守ります。保湿はかなり意識しておきましょう。このようなことをしますとターンオーバーが自然治癒でも多少強くなります。肌にとにかく良いことをしましょう。睡眠、食事、運動、すべてにおいて肌を意識して行動することです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする